WEF技術開発の活性酸素利用はなぜ世界随一なのですか?

活性酸素処理は水中の難分解物質やCOD原因物の処理を対象に研究開発が進められていますが、大気中での利用を研究している機関が少ないことが、まず1点です。次に大気中での処理の場合、活性酸素の特質が大きな問題となります。

活性酸素は地球上で最も酸化反応が高いので、こんなものが大量に体内で発生すれば、生物はすぐに消滅してしまいます。しかしそこはうまく出来ているというのか、活性酸素にも欠点(?)があります。存続期間が非常に短いのです。ヒドロキシルラジカルで10の-6乗秒(100万分の1秒)、スーパーオキシドでおよそ6秒です。

空気中の酸素から活性酸素を生成させ、さらにその瞬時に消滅する活性酸素で、どうやって対象有機物と反応させて分解させるのか、この2つのWEF技術開発が持つ技術が他社がまだ追随できていない2点目です。


WEF技術開発株式会社TOP

Q&A集(一覧)

  <水関係>      
水(飲料水)とは?
水問題とは何ですか?
水不足の原因は?水不足対策はありますか?
排水(廃水)処理とは?
排水処理の方法はどのようなものがありますか?
日本の排水規制
排水中の重金属処理とは?
油含有排水の有効な処理はありますか?
WEFの油含有排水処理方法「SBC-Pro」について教えて下さい。
飲料水にヒ素が含まれている地域が数多くあります(世界的に)が、なぜ広範囲にヒ素汚染地域があるのですか?
地下水のヒ素を処理するのは難しいのですか?
湖沼のCODが上っているそうですが、処理が出来ていないのですか?(難分解性有機物問題とは)
難分解性有機物の処理は可能ですか?
難分解性有機物の処理技術がWEFにありますか?
水道水は安全ですか?
  <その他>      
産業廃棄物とはどのようなものですか?
汚泥(産業廃棄物)について教えて下さい。
汚泥処理とは?
下水汚泥はなぜこれほど発生するのですか?
下水汚泥は乾燥・焼却・埋立てが出来ないのですか?
WEF技術開発㈱の「α-Gaia」は、下水汚泥処理に有効なのですか?
活性酸素とその利用について教えて下さい。
WEF技術開発の活性酸素利用はなぜ世界随一なのですか?
「α-Gaia」の安全性はどうなのですか?
WEF技術開発の汚泥処理技術は、「α-Gaia」だけですか?
新クリラック処理のWEF技術開発のビジネス展開を教えて下さい。
新クリラック処理の現場での処理方法について教えて下さい。
クリラック液での処理汚泥はリサイクル可能ですか?
石油関連の汚泥(石油スラッジ)は処理が難しく、現在もほとんど手つかずの状態ですが、このような汚泥も処理・再生は可能ですか?
現在の下水処理はエネルギー、汚泥廃棄物問題の為、新たな処理技術が求められているそうですが、WEF技術開発ではこの2つの問題を解決できる技術があるのでしょうか?
廃棄物は産業廃棄物だけではなく一般廃棄物もあります。一般廃棄物の場合、分別を確実にしているのは日本だけで、中国・アジア各国では埋立てが出来なくなりつつあるにもかかわらず、分別も進んでいない状態で、一般廃棄物(生ゴミ)の山の中を換金できるものを探している子供の写真をよく目にします。WEF技術開発では分別せずに処理できる技術を開発していないのですか?