現在の下水処理はエネルギー、汚泥廃棄物問題の為、新たな処理技術が求められているそうですが、WEF技術開発ではこの2つの問題を解決できる技術があるのでしょうか?

すでに出てきている汚泥は、「α-Gaia」や「クリラック処理」で減容化、リサイクル化が可能ですが、今後汚泥の発生を大幅に削減できる技術が必要になります。

WEF技術開発では、日本の最新の技術UFB(ウルトラファインバブル)、SBC担持体、場合によってはBFC菌を組み込んだ、高速有機物分解システム(「SBC-Pro」)で、成果を上げています。



この処理は活性汚泥処理(生物処理)に入る前に、有機物を出来るだけ処理するものです。有機物や油分を短時間に、大量に処理します。UFBで高濃度酸素を超微細気泡で水中に供給することで、大量に微生物を繁殖させ、有機物を処理します。しかし、同時に設置されている接触材によって、嫌気性菌も同時に増えますので、汚泥はほとんど増えることはありません(衰弱した好気性菌を嫌気性菌が食べる)。「SBC-Pro」 の設置によって、生物処理槽も大幅に縮小することが可能になります。

食肉工場で油分を加圧浮上分離処理せず、河川放流し、5年間余剰汚泥引き抜きしていない実例もあります。

今年(2018)から、中国の大手環保企業と、その企業が運営する下水処理場においての実証共同研究が始まります。


WEF技術開発株式会社TOP

Q&A集(一覧)

     
産業廃棄物とはどのようなものですか?
汚泥(産業廃棄物)について教えて下さい。
汚泥処理とは?
下水汚泥はなぜこれほど発生するのですか?
下水汚泥は乾燥・焼却・埋立てが出来ないのですか?
WEF技術開発㈱の「α-Gaia」は、下水汚泥処理に有効なのですか?
活性酸素とその利用について教えて下さい。
WEF技術開発の活性酸素利用はなぜ世界随一なのですか?
「α-Gaia」の安全性はどうなのですか?
WEF技術開発の汚泥処理技術は、「α-Gaia」だけですか?
新クリラック処理のWEF技術開発のビジネス展開を教えて下さい。
新クリラック処理の現場での処理方法について教えて下さい。
クリラック液での処理汚泥はリサイクル可能ですか?
石油関連の汚泥(石油スラッジ)は処理が難しく、現在もほとんど手つかずの状態ですが、このような汚泥も処理・再生は可能ですか?
現在の下水処理はエネルギー、汚泥廃棄物問題の為、新たな処理技術が求められているそうですが、WEF技術開発ではこの2つの問題を解決できる技術があるのでしょうか?
油分加圧浮上分離処理は多量の薬品が必要な上、分離した油の産業廃棄物処理が必要など、メンテナンス・廃棄物費用が掛かるのが難点ですが、「SBC-Pro」は簡単に油分を処理が出来、廃棄物も発生しないのですか?
廃棄物は産業廃棄物だけではなく一般廃棄物もあります。一般廃棄物の場合、分別を確実にしているのは日本だけで、中国・アジア各国では埋立てが出来なくなりつつあるにもかかわらず、分別も進んでいない状態で、一般廃棄物(生ゴミ)の山の中を換金できるものを探している子供の写真をよく目にします。WEF技術開発では分別せずに処理できる技術を開発していないのですか?