廃棄物リサイクル

余剰汚泥処理 α-Gaia による粉末化→火力発電燃料製造

α-Gaia とAOS
  
α-Gaia は、AOS(活性空気発生装置)によって生成された活性酸素を含む空気を処理有機物に効率よく接触・混合させて、短時間で分解・乾燥・粉末化させる装置である。
活性酸素(特にOH ラジカル)は、地球上で最も酸化能力が高い。すなわち活性酸素で分解できないものは、他に分解の方法がない。提案する汚泥処理プロセスは、この活性酸素を利用したものである。    
  
AOS(活性空気発生装置)
  
AOS は、人工衛星の利用されているイオンエンジンに似ていて、イオン発生装置と電子加速器から成り立ち、装置はシンプルで、活性酸素、マイナスイオンが加速されて、非常に強い分解能力を発揮する。
A1-TERRAST
しかし、活性酸素処理は万能ではない。

処理利用にあたって
長所:地球上で最も酸化能力が高い
短所:短時間で消滅する(100万分の1秒~6秒)

   
  
α-Gaia(有機物処理装置)
  
AOS が生成した活性空気を処理槽内で効率よく反応させ、有機物を分解・粉末化させる世界随一の有機物処理装置。
A1-TERRAST
余剰汚泥の細胞は活性空気による加水分解で細胞膜が破壊され、中の細胞質が流出する(細胞質が高含水の原因)。次に細胞質の水分を活性空気が微細にすることで、空気に乗りやすくし、水分は蒸発・装置外に排出される。    


α-Gaia の3 大特徴

1) 有機物分解

  
有機物は基本的に炭素の結合を中心に成り立っている。この炭素結合が非常に強固なため、細胞膜破壊も非常に難しい。活性酸素はこの炭素結合を比較的容易に切断することが出来る。    
TERRAST原理

 α‐Gaiaにより処理された有機物は、炭素と結合した
 微細粒となる

2) 水蒸散の促進

TERRAST原理

 メカニズムはまだ解明されていないが、活性空気は乾燥
 を促進させる。水のクラスターのようなものに何らかの
 変化を与えて、空気に乗りやすい状態にするのでは
 ないかと考えている。


3)殺菌効果

  
上記の活性空気の作用が起こっている中で、有機物に付着した菌類も分解されることとなり、菌は0になる。    
A1-TERRAST



α-Gaia 概要
A1-TERRAST


α-Gaia-100(100㎏処理)

A1-TERRAST


α-Gaia-2000(2t処理)

A1-TERRAST



滋賀県湖南中部浄化センターでの下水汚泥処理試験

A1-TERRAST
A1-TERRAST

工場排水処理・余剰汚泥処理試験



1)活性酸素+熱処理(100kg)

A1-TERRAST
A1-TERRAST
A1-TERRAST
余剰汚泥100㎏投入
1時間後(細胞膜が破壊され、
出てきた水分で汚泥が団子状になる)
4時間後(この時点でかなり
減容している)
  

スタート

  

1時間後

  

4時間後

2)熱処理のみ(50kg)

A1-TERRAST
A1-TERRAST
A1-TERRAST

※熱風のみの場合は、変化がない
A1-TERRAST   

重量 65~70%減
含水率 20~30%

余剰汚泥燃料化の提案(下水処理場等大量発生の場合)


A1-TERRAST


小規模汚泥発生の場合→オンサイト発電


A1-TERRAST
A1-TERRAST



温水・電力供給付きオンサイト余剰汚泥処理装置「α-Gaia」


A1-TERRAST


下水処理・汚泥処理のランニングコスト大幅削減



水草からエタノール α-Gaia による粉末化で生成時間大幅短縮

バイオマスのエタノール化の問題
  
A1-TERRAST


水草からエタノール生成に利用愛媛大渡辺誠也教授と共同研究


A1-TERRAST



高効率メタン発酵(コンパクトメタン発電設備)

  
メタン発酵施設が巨大なのは、投入された有機物類の細胞膜をメタン菌が破壊して栄養源を得るまでに時間がかかる。投入する有機物の細胞膜を事前に破壊しておくと、メタン菌がすぐ食べることが出来るので、施設はコンパクトになる。    

A1-TERRAST