飲料水にヒ素が含まれている地域が数多くあります(世界的に)が、なぜ広範囲にヒ素汚染地域があるのですか?

 ヒ素は火山活動によって地殻に蓄積され、それが地下水に溶解し、汚染された地下水を飲むことで、ヒ素中毒になります。その為、飲用とする地下水のヒ素汚染は世界各地にありますが,アジア地域での汚染は深刻です。1980 年以降,井戸水のヒ素汚染がアジアの各地で報告されてきました。

 地域としては、中国の黄河流域、ベトナムのレッドリバー流域、カンボジアとベトナムのメコン川流域、ミャンマーのエーヤワディー川流域、ネパールとインドのガンジス川流域、パキスタンンのインダス川流域、ガンジス川とブラマプトラ川とメグナ川の3つの大河が合流してできたデルタの国バングラデシュなどです。この汚染源はヒマラヤ山脈にあります。

 それではなぜ1980年以降に各地で汚染報告が相次いだのかというと、それまでは地表の水(河川・湖沼水)を飲用していたのですが、汚染がひどくなり、健康被害が出始めたため、深井戸を掘って安全な水を求めたためです。

 安全であるはずの地下水が、ヒ素に汚染されていたのです。これらの地域での健康障害者は6000万人をこえています。


WEF技術開発株式会社TOP

Q&A集(一覧)

  <水関係>      
水(飲料水)とは?
水問題とは何ですか?
水不足の原因は?水不足対策はありますか?
排水(廃水)処理とは?
排水処理の方法はどのようなものがありますか?
日本の排水規制
排水中の重金属処理とは?
中小企業のフッ素、ホウ素、ヒ素、アンチモン排水処理(簡便、安い排水処理)?
油含有排水の有効な処理はありますか?
WEFの油含有排水処理方法「SBC-Pro」について教えて下さい。
飲料水にヒ素が含まれている地域が数多くあります(世界的に)が、なぜ広範囲にヒ素汚染地域があるのですか?
地下水のヒ素を処理するのは難しいのですか?
湖沼のCODが上っているそうですが、処理が出来ていないのですか?(難分解性有機物問題とは)
難分解性有機物の処理は可能ですか?
難分解性有機物の処理技術がWEFにありますか?
水道水は安全ですか?
  <産業廃棄物と汚泥処理>      
産業廃棄物とはどのようなものですか?
汚泥(産業廃棄物)について教えて下さい。
汚泥処理とは?
下水汚泥はなぜこれほど発生するのですか?
下水汚泥は乾燥・焼却・埋立てが出来ないのですか?
汚泥処理に効果的な処理技術がWEF技術開発にありますか?
「α-Gaia」(活性酸素処理装置)は、下水汚泥処理に有効ですか?
有機物メタン処理、バイオマスガス発電等の処理設備に「α-Gaia」は利用可能ですか?
危険汚泥を減容化・無害化する「CoCa処理」はどういうものですか?
CoCa処理のビジネス展開を教えて下さい。
CoCa処理の現場での処理方法について教えて下さい。
石油関連の汚泥(石油スラッジ)は処理が難しく、現在もほとんど手つかずの状態ですが、このような汚泥も処理・再生は可能ですか?
現在の下水処理はエネルギー、汚泥廃棄物問題で、新たな処理技術が求められているそうですが、WEF技術開発ではこの2つの問題を解決できる技術があるのでしょうか?
油分加圧浮上分離処理は多量の薬品が必要な上、分離した油の産業廃棄物処理が必要など、メンテナンス・廃棄物費用が掛かるのが難点ですが、「SBC-Pro」は簡単に油分を処理が出来、廃棄物も発生しないのですか?
  <活性酸素関係>      
活性酸素とは何ですか?
活性酸素は人間に危険ではないのですか?
危険な活性酸素を利用するのは何故ですか?
(WEF技術開発が活性酸素にこだわる理由は何ですか?)
WEF技術開発の活性酸素利用はなぜ世界随一なのですか?
活性酸素は簡単に発生させることが出来るのですか?
活性酸素の利用方法を教えて下さい。
「α-Gaia」(活性酸素処理装置)でどのようなものが処理できますか?
「α-Gaia」は安全ですか?
オゾンと活性酸素の処理効果はどう違うのですか?
水中での活性酸素処理の今後の展開は?